歴史館概要

事務本館

沿革

事務本館

  • 長島愛生園歴史館は長島愛生園と長島愛生園入所者自治会からなる運営委員会と、公益財団法人日本科学技術振興財団、ハンセンボランティアゆいの会の協力のもと運営されています。
  • 愛生園歴史館の見学では、より理解度を深めてもらうために、団体見学者(5名以上)に対し、できる限り学芸員・運営ボランティアによる展示解説を行います。
  • 一階部分のテーマをハンセン病問題の解説、二階部分のテーマを入所者の心情と分けて展示しています。初めての方は一階の展示室よりご見学ください。

沿革

1996年(平成8年)
長島愛生園歴史館部分開館
2004年4月20日(平成16年)
長島愛生園歴史館全館開館
同日、企画展「愛生園と宗教」
2008年(平成20年)2月2日
一階展示パネル全面改装
2008年(平成20年)6月20日
2階第二映像室オープン、入所者証言集「ハンセン病経験者からあなたへのメッセージ」公開
2009年(平成21年)6月22日~2010年(平成22年)5月7日
企画展「望ヶ丘の子供たち」
2010年(平成22年)4月1日
日本科学技術振興財団より学芸員出向
2010年5月8日~2011年(平成23年)6月30日
企画展「新良田~青春の記憶~」
2010年5月8日
企画展「世界の島は語る」(ハンセン病市民学会にて)
2010年5月9日
特別展新良田~青春の記憶~を追加
2012年10月27日
ハンセン病問題のこれからを考える国際シンポジウム開催
2013年11月10日
シンポジウム ハンセン病が紡ぐ世界の色彩~エチオピアと日本開催
2013年12月4日
特別展 医師神谷美恵子が見た世界~長島愛生園の人びととのふれあい~
2014年1月11日
神谷美恵子生誕百年記念の集い
2014年11月22日
ハンセン病療養所の世界遺産登録を考える公開勉強会
このページのTOPへ